pagetop
TEL.06-4300-5501お問い合わせフォーム
06-4300-5501お問い合わせフォーム

 

ABCについてAbout us

私たちの想い

社会に出る前に、もう少し自分自身を知り、考える時間がほしい。
もう少し自信をつけてから社会に出たい。
アンサーベーシックキャンパスは学びと実践のプログラムでそれぞれのニガテ、困りごとにアプローチし、
皆さんが自信を持って次のステップにすすむお手伝いをします。

アンサーでできること

growing up 01

自分の得意なこと、不得意なことを知り、
得意なことを伸ばしていくには・・・

自分のことは案外自分では気づきにくいものです。自分のことがわからないと、知らないうちに不得意なことを仕事として選んだり、苦手な環境で働き、長続きしない、という場合もあります。日々の実践と振り返りの積み重ねで、自分自身を理解して次のステップに進むことができます。

growing up 02

コミュニケーションや人づきあいが苦手で・・・

コミュニケーションはあまり教えてもらうことはなく、みんな自分なりに考えてやっていると思いますが、実は人と仲良くやっていくためのコミュニケーションにはちゃんと方法やポイントがあります。
自分自身も、相手も気持ちよく過ごすことのできるコミュニケーションについて学びます。

growing up 03

計画を立てたり、みんなと一緒に
何かを楽しんだ経験があまりない・・・

座学で計画の立て方や役割分担など、みんなと一緒に計画的にイベントに取り組む方法を学び、それを実践します。調理プログラムや茶話会、外出などのイベント企画などに参加していただき、計画・企画の実践活動を行います。

growing up 04

自分自身の気持ち(感情)を知り、
うまく付き合うには・・・

感情は自然に湧き上がるものですし、外部の刺激で変化しますので、コントロールすることは難しいものです。気分が不安定だったり、気持ちの乱れから生活リズムが崩れてしまうことがある方は、まず、自分自身の感情を知ることから始めます。

growing up 05

働くための準備をしたい。パソコンなどのスキルアップやマナーを知りたい・・・

自分にどんな仕事ができるかわからない。あまり仕事の経験がないのでどんな職業があるのか、どんなスキルが必要かわからないとどこに向かって頑張ったらいいかわからないですよね。アンサーでは、基本的なパソコンの使い方から、資格取得について、社会人としてのマナーの学習や、職業理解のための会社見学など、学びと実践で将来に向けての準備を行います。

プログラムのご紹介

アンサーでは実践を取り入れた、多彩なプログラムを準備しています。
また、専門的な分野では外部の講師も招き、通っているうちに自信と力がついてきます。

パソコン

今はパソコンが身近になってきました。基本的な使い方から、興味のある方は資格取得に向けての支援も行います。
(情報処理検定1級、ビジネス文書1級資格のあるスタッフがサポートします)
また、インターネットのマナーやリスクについても学びます。

アクティビティープログラム

事業所内や外でのいろいろな活動を行います。計画を立てたり、準備、運営も参加していただきます。
楽しく活動しましょう。

ミュージックセラピー

音楽は心のお薬、と言われることもあります。歌うのは苦手でも、聞くのは好き、という方も多いでしょう。音楽の持つ力を、心の安定や治療に活用しているクリニックもあります。
担当者は、ピアニストとして演奏活動しながら、保育士の資格を活かし、障害者施設での音楽療法活動を数多く行っています。
音楽の持つ効果を体験してみてください。

グループワーク

仲間と一緒に話し合って、実際の活動の計画を立てていきます。
時間配分やグループ内の役割分担など、少し工夫してコツをつかんでいくことで、コミュニケーションのスキルも磨かれていきますよ。

社会体験・生活経済

「お勉強」としての数学ではなく、実際の生活に直結する、予算を決めて買い物に行くことや、イベントのための下見など、実際の活動をしていただきます。ちょっとうまくいかないことがあっても大丈夫!次はもっとうまくいくために振り返りや次の実践につながっていきます。

コンディショニング(こころとからだ)

こころとからだはつながっていると言われます。
自己理解としての感情学で、自分の気持ちを知ること、感情が行動や体にどんな影響を与えるのか、学んでいきます。
2週間に1回、ヨガ講師の袖川先生に、実際に身体を動かしながら、呼吸法なども教えていただきます。気づいたら身体に力が入ってしまっていたり、呼吸が浅くなっていたり。意識しながらゆっくりと取り組むことで、自分の身体に向き合うことができます。

クッキング

週1回、お昼ご飯をみんなで作って食べます。おいしくできるかお楽しみ!レシピを残してアンサーメニューブックを作っていきましょう。

生活・職業研究

将来、どんな仕事につきたいかイメージしたり、お金がいくらかかるのか考えたり。
人の意見を聞いてみるのも参考になるかもしれませんね。
考えたことを実際に書いてみるとまた見えてくるものがあります。
職業研究は座学で学んだのち、実際に職場や就労移行支援事業所を見学し、そこでやること、学ぶことを知ることで具体的なイメージを持って次のステップに進むことができます。

コミュニケーション

SST(ソーシャルスキルズトレーニング)を基本に、コミュニケーションを実践形式で学んでいきます。スタッフは全員、ソーシャルスキルズトレーニングの研修を受けています。

1週間の振り返り・茶話会

その1週間をどのように過ごしたのか、自分なりに振り返ってもらいます。お茶を飲みながら和やかな雰囲気で自分自身の振り返りをしてくださいね。
自分の話もするし、人の話も聞く。
話を聞くときのマナーやコミュニケーションの実践を試すチャンスですね。
振り返りは反省会ではないので、人と比べる必要はありませんし、ぜひ、自分がうまくできたこと、頑張ったことにも注目してみてください。

余暇活動(土曜日・事業所カレンダーにより月2回程度開催)

休みの日の過ごし方はさまざまです。自分が楽しいと思う過ごし方はできていますか?
余暇(休み)の時間を楽しいと感じる過ごし方をすることで、リフレッシュして頑張る力が湧いてきます。
オンとオフの切り替えを身体と心で行うことも、社会で自立して活動するために必要なことです。
グループワークで調べた行先に、行ってみたり、おやつ作りやクラフト作成など室内で楽しんだり。
決めた予算や時間の中で楽しむというのも素敵なことですね。

タイムスケジュール
(1日の流れ)

9:30 開所(入室時間) この時間から、事業所内に入れます。
身支度やプログラムの準備をします。
10:00 朝礼(開始時間)
※20分
朝礼で1日の予定を確認します。
ラジオ体操やストレッチなどで身体をほぐしていきます。
※基本的にこの時間までに通所します。
10:30 午前プログラム
※最大90分
スケジュールに基づいて、プログラムを行います。
※適宜休憩を入れながら、最大90分で実施します。
12:00 お昼休憩
※60分
アンサーでは、栄養バランスの取れたお弁当を提供しています。
13:00 午後プログラム
※最大90分
スケジュールに基づいて、プログラムを行います。
※適宜休憩を入れながら、最大90分で実施します。
14:30 一斉掃除
※10分
みんなで事業所内の掃除をします。
14:40 1日の振り返り その日に気づいたこと、感じたことについて、訓練日報に記入します。
記入が終わった人からスタッフと個別の振り返りを行います。
デザインタイム利用しない方はここで終了となります。
15:00 放課後、デザインタイム 16:00までの1時間は、自分でやりたいことをデザインするデザインタイム。
読書したり、パソコンの訓練をしたり、事業所内で過ごすことが可能です。
(個別面談などをこの時間に実施することもあります)
16:00 閉館 この時間で閉館となります。

訓練室紹介

天神橋筋六丁目駅から徒歩5分。天神橋筋8丁目バス停の目の前にあるビルの8階にあります。
大阪市内ですが、とても静かで、落ち着いて過ごすことのできる素敵な空間です。

  • ギャラリー
  • ギャラリー
  • ギャラリー
  • ギャラリー
  • ギャラリー
  • ギャラリー